重たい雨戸を【電動シャッター】に交換!|横浜の施工例|

【横浜市保土ヶ谷区】電動シャッター設置工事の施工事例

電動シャッター施工事例

工事内容:雨戸から電動シャッターに交換する工事 全体施工費:50万円(税込) 工期:1日間

横浜市保土ヶ谷区のお客様宅で、古い雨戸を電動シャッターに交換する工事をさせていただいた施工事例をもとに、雨戸交換工事について、工事方法や費用などをご説明いたします。

かもめ建設

木製の雨戸で、敷居(レール部)が、腐食しており、雨戸が外れてしまうとのことで、ご連絡頂きました。

見積を3パターン考えました!

見積プラン①

敷居のみ交換する工事

敷居のみ交換する工事
敷居のみ交換する工事

敷居のみ交換する工事は、現状の敷居を撤去して、新しい木製の敷居を設置します。(*設置後に塗装が必要となります。)

戸袋の中の敷居は交換できないので、継ぎ目箇所で段差が生じるのが、デメリットです。

雨戸の出し入れに支障がでる場合があります。

代表 柳沼

敷居のみの交換は、応急処置的な対応の工事となります。

見積プラン②

雨戸一筋を交換する工事

雨戸一筋交換の場合

雨戸一筋交換の場合は、工事期間は約1週間ほどかかる工事です。

雨戸全体がアルミ製になるので、木製のように腐食することはありません。
雨戸の開け閉めもスムーズになります。

見積プラン③

電動シャッターを設置する工事

電動シャッター設置工事
YKKマドリモの電動シャッター設置工事

電動シャッターを設置する工事も、方法が数パターンあるのですが、今回は、戸袋を解体せずに工事ができる方法を選択しました。

代表 柳沼

こちらの方法は、工事期間も1日でできる工事で、費用も安く済む工事内容になります。

戸袋のこし、戸袋かくしという新しい工法で、雨戸が付いていても、戸袋を残したままシャッターを取り付けることができます。

戸袋が残ってしまうのが気になる方は、戸袋を解体して、シャッターを設置する方法もあります。

おすすめ工事

現状の雨戸の戸袋は残りますが、解体工事を伴わないため、工事期間も短くできます。 

通常1日で完成できるので、高齢者の方にも負担なくでき、おすすめの工事です。

代表 柳沼

お客様は、こちらの電動シャッターを設置する工事をお選び頂きました。

電動シャッターの特徴

図 YKKマドリモのカタログより

電動シャッターには、3つの種類があります。

  1. シャッターをリモコンで開け閉めできる + 採光、採風ができる
  2. シャッターをリモコンで開け閉めできる
  3. シャッターを手動で開け閉めする

夏の夜に、風通しのため、窓を開けると防犯上心配ですが、シャッターが閉まった状態で、風通しができるので、便利です!

かもめ建設

電動シャッターは、窓を開けなくても、リモコンで開け閉めできるので、高齢者の方にとても喜ばれますね。

安全機能が充実した電動シャッターがおすすめ!

図 YKKマドリモのカタログより

電動シャッターに障害物感知機能が付いています。

シャッターの降下中に障害物に当たり一定の負荷がかかると、自動的に5秒間反転上昇し停止します。

図 YKKマドリモのカタログより

非常開放機構も備えてあり、停電などの非常時には、写真のように引手を引っ張ることで手動でシャッターを開けることができます。
ちなみに、もう1度引っ張ると、電動モードの復帰されます。

電動シャッター交換工事の流れ

まずはシャッターの本体の枠を設置することからスタート。
大きさや重量があるので、複数人で設置します。

雨戸の戸袋を残すと、隙間が気になりますよね?
こちらのように、専用部材で、隙間を埋めてしまいます。

シャッターの内部を取り付けます。
意外と重いので大変です。

新しいシャッターと、窓との取り合い図。
こちらは現場合わせになるので、時間を要する部分です。
我々は雨戸専門ですが、やはり1番難しい箇所だと思います。

1日で作業は完了したのですが、工事が完了した時には暗くなっていました。
以上が、電動シャッター工事の流れです。

電動シャッター交換工事の費用について

電動シャッター施工事例
代表 柳沼

電動シャッター交換工事は、1か所あたり50万円です。
こちらのお客様は、戸袋を残したままできる工事方法です。
電動なので、電気工事も含まれております。

全ての雨戸が対象ではないので、対応できるかどうか気になる方は、お問い合わせください。


工事費は工事個所数が多いほど、1か所当たりの単価が安くなるので、まとめて工事されるのがおすすめです!

\ お気軽にお問い合わせください! /